一味の語源・由来

一味は仏教語で、時・所・人によって現象は多様であるが、大海の味はどこでも同じであるように、本旨は同一で平等無差別であるといった教えであった。
その意味から、一味は心を同じくして協力することや同志の意味となり、いつしか悪事を企む仲間の意味で用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 南無三の意味・類語・言い換え

  2. 「思う」と「想う」の違い

  3. まぶたの語源・由来

  4. かばんの語源・由来

  5. 豊平区の語源・由来

  6. 牛ひき肉の栄養基礎知識

  7. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」の違い

  8. じゃがいもの語源・由来

  9. アユの語源・由来

  10. コウモリの意味・別名・類語

  1. 府中町の語源・由来

  2. イタチの意味

  3. 大御所の語源・由来

  4. カモシカの語源・由来

  5. 可憐の語源・由来

  6. 霜月の語源・由来

  7. 素敵の語源・由来

  8. グラジオラスの語源・由来

  9. 訪れるの語源・由来

  10. 僥倖の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ペディキュアの語源・由来

  2. 豚バラ肉の栄養基礎知識

  3. グレるの語源・由来

  4. チンゲン菜の栄養基礎知識

  5. 「整理」と「整頓」の違い

  6. 頭陀袋の語源・由来

  7. サクラソウの語源・由来

TOP