刺身の語源・由来

刺身は、室町時代から見られる語。
武家社会では「切る」という語を嫌っていたため、「切り身」ではなく「刺身」が用いられるようになった。
「刺す」という表現は、包丁で刺して小さくすることからと思われる。
他の説では、魚のヒレやエラを串に刺して魚の種類を区別していたことから、「刺身」と呼ぶようになったとする説もある。
しかし、ヒレやエラの部分は一般的に「身(肉)」と考えられていないため、この説は考えがたい。
魚以外の材料で「刺身」と呼ぶものには、「たけのこの刺身」「刺身こんにゃく」「馬刺し」や「牛刺し」などがある。
これらは、魚の刺身の切り方や盛り付け方、新鮮な生肉(身)などの意味から呼ばれるようになったものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クズの語源・由来

  2. 「団子」と「餅」の違い

  3. ひやむぎとそうめんの違い

  4. シラクチヅルの語源・由来

  5. コップの語源・由来

  6. インストラクターの意味・類語・言い換え

  7. コレステロールの語源・由来

  8. 群馬県の語源・由来

  9. とんずらの意味・類語・言い換え

  10. ポテトの意味・別名・類語

  1. しこたまの意味・類語・言い換え

  2. ミヤギノハギの語源・由来

  3. ごまかすの語源・由来

  4. 里芋の栄養基礎知識

  5. ゴリラの語源・由来

  6. タンザナイトの語源・由来

  7. 大福の意味・別名・類語

  8. サイレンの意味・類語・言い換え

  9. 解答の意味・類語・言い換え

  10. カフェオレの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「対象」「対照」「対称」の違い

  2. 「お菓子」と「駄菓子」の違い

  3. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  4. 自然と天然の違い

  5. 耐震と免震と制震と制振の違い

  6. かけうどんと素うどんの違い

  7. 負けず嫌いの「ず」の意味

TOP