アブラギリの語源・由来

アブラギリは、種子から油をしぼり、葉が桐に似ていてることから、この名がある。
種子からしぼった油は「桐油(とうゆ)」と呼び、灯料や油紙にされる。
また、アブラギリの材は、「山桐(やまぎり)」と称して箱や下駄などの材料にする。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 岩手県の意味・シンボル

  2. 立春の意味・類語・言い換え

  3. 虫酸が走るの語源・由来

  4. あどけないの語源・由来

  5. 護摩の灰の意味・類語・言い換え

  6. てっさの意味・類語・言い換え

  7. ドリアの種類

  8. 配偶者の意味・類語・言い換え

  9. 紅一点の語源・由来

  10. 一時金の意味・類語・言い換え

  1. 旅の意味・類語・言い換え

  2. シンガーソングライターの意味・類語・言い換え

  3. 卵黄の栄養基礎知識

  4. 鈴鹿市の意味・シンボル

  5. 位階制の意味・類語・言い換え

  6. 卒塔婆の語源・由来

  7. 熊の語源・由来

  8. 保障の語源・由来

  9. 目から鱗が落ちるの意味・類語・言い換え

  10. おかげさまの語源・由来

人気記事

  1. 臍を噛むの語源・由来

  2. 妻の語源・由来

  3. 「発見」と「発明」の違い

  4. 銀幕の語源・由来

  5. みかじめ料の語源・由来

  6. 台風の「大型」「超大型」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の違い

  7. アンケートの語源・由来

TOP