一生懸命の語源・由来

一生懸命の本来の形は、「一所懸命」である。
一所懸命は、中世の武士が先祖伝来の所領(一所)を命懸けで守ったことに由来し、切羽詰った状態にも使われた。
近世以降、「一所懸命」は「命を懸けて何かをする」の意味だけが残ったため、「一所」が「一生」と間違われて「一生懸命」となり、発音も「いっしょけんめい」から「いっしょうけんめい」に変わった。

「いっしょうけんめい」を「一生懸命」と書くことは、誤用とされることがある。
しかし、「いっしょう」と発音されるのは、「一所」が「一生」と間違われた後のことである。
「いっしょけんめい」であれば「一所懸命」と書くが、「いっしょうけんめい」の漢字は「一生懸命」で正しい。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 宿命の意味・類語・言い換え

  2. 路地の語源・由来

  3. 日本全国都道府県名一覧

  4. のっぴきならないの語源・由来

  5. 手不足の意味・類語・言い換え

  6. 大丈夫の語源・由来

  7. 如月(じょげつ)の意味・類語・言い換え

  8. 麦雨の語源・由来

  9. 人間関係の意味・類語・言い換え

  10. 戦争と紛争と内戦の違い

  1. 基準と規準の違い・使い分け

  2. ライブの意味・類語・言い換え

  3. ポンコツの意味・類語・言い換え

  4. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  5. 成金の意味・類語・言い換え

  6. 香りの語源・由来

  7. Agの意味・類語・言い換え

  8. 同じの語源・由来

  9. かったるいの語源・由来

  10. 毎月22日が「ショートケーキの日」になった理由

人気記事

  1. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  2. スダチとカボスの違い

  3. 送ると贈るの違い・使い分け

  4. 荒いと粗いの違い・使い分け

  5. 整えると調えるの違い

  6. コックとシェフと板前の違い

  7. 適量と適宜の違い

TOP