一生懸命と一所懸命の違い


一生懸命と一所懸命は、命懸けで物事に取り組むことを意味するが、違いが全くないわけではない。

一所懸命の元々の意味は、中世の武士が賜った一カ所の領地を命懸けで守り、生活の頼みとすることで、「一所」は「一カ所(の領地)」を表す。
これが近世に入ってから、物事を命懸けでするという意味になったため、「一所」と「一生」が混同され、「一生懸命」という言葉が生まれた。

一生懸命は「一所懸命の誤用」とされていた時代もあったが、「一生」を使った方が「力の限り」というニュアンスが伝わりやすく、「一生懸命」の表記が圧倒的に多くなったことから、誤用という解釈はされなくなり、現在は新聞などでも「一生懸命」の表記に統一されている。

しかし、「一所懸命」を使う場面が全くなくなったわけではない。
歌舞伎の挨拶では、多くの場合「一生懸命」ではなく「一所懸命」が使われる。
歌舞伎なので古い言い方をするというのも理由の一つだが、代々伝わる屋号(一所)を命懸けで守るという意味を含んでいるためでもある。
つまり、命懸けで物事にあたることを表すのであれば「一生懸命」と書くのが一般的だが、「一カ所を守る」という本来の意味を含んで使いたい時には、「一所懸命」と書くのが正しいのである。

ちなみに、「一所懸命」の読みは「いっしょけんめい」、「一生懸命」の読みは「いっしょうけんめい」なので、漢字と読みが一致していないものは間違いとなる。


今見られている記事 ランダム
  1. スクランブルエッグの意味・類語・言い換え

  2. 暴風雨の意味・類語・言い換え

  3. 年の瀬の意味・類語・言い換え

  4. 霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違い

  5. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  6. 記名の意味・類語・言い換え

  7. 嫁の語源・由来

  8. タトゥーの語源・由来

  9. 体と身体の違い・使い分け

  10. 転職の意味・類語・言い換え

  1. 同じの語源・由来

  2. みいはあ族の意味・類語・言い換え

  3. お菜の意味・類語・言い換え

  4. 日本の語源・由来

  5. セメントの意味・類語・言い換え

  6. 許可と認可の違い・使い分け

  7. お茶目の意味・類語・言い換え

  8. さくも月の意味・類語・言い換え

  9. 夢の意味

  10. 心肺停止の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 対象と対照と対称の違い・使い分け

  2. 辞典と事典と字典の違い

  3. バターとマーガリンとファットスプレッドの違い

  4. つくねとつみれの違い

  5. 行政書士と司法書士の違い

  6. 下駄と草履と雪駄とわらじの違い

  7. 産科と婦人科と産婦人科の違い

TOP