血税の語源・由来

明治5年(1872年)の徴兵令『太政官布告』で、兵役義務を「血税」と称したことに由来する。
「血」は戦役で血を流す意味で、国民が負わなければならない兵役の義務をいったものだが、血を絞り採られるものと誤解され、血税反対一揆まで起こったといわれる。
現代では、徴兵制度がなくなったことで本来の意味も忘れられ、血税の「血」は「国民の労力」という意味で使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 油を売るの語源・由来

  2. 冬瓜の意味・別名・類語

  3. 幸運の意味・類語・言い換え

  4. 萩市の意味・シンボル

  5. 阿武町の意味・シンボル

  6. 竜田揚げの意味・類語・言い換え

  7. 引導を渡すの語源・由来

  8. スポーツの語源・由来

  9. 東京都港区の意味・シンボル

  10. お猪口の意味・類語・言い換え

  1. オムレツの語源・由来

  2. 沖縄県の市町村名一覧

  3. 静岡県森町の語源・由来

  4. 桑の語源・由来

  5. 美人の意味・類語・言い換え

  6. 茂るの語源・由来

  7. ドラゴンの語源・由来

  8. 「デニム」「ジーンズ」「ジーパン」の違い

  9. お株を奪うの語源・由来

  10. デブの語源・由来

人気記事

  1. ジャージの語源・由来

  2. 奢る(奢り)の語源・由来

  3. キャンドルの語源・由来

  4. 陣痛の語源・由来

  5. 「ムース」と「ババロア」の違い

  6. わがままの語源・由来

  7. 帯広市の語源・由来

TOP