お中元の語源・由来

お中元の「中元」は、道教の習俗「三元(上元・中元・下元)」のひとつで、旧暦7月15日のことである。(上元は1月15日、下元は10月15日)
道教では中元を人間贖罪(しよくざい)の日として、一日中火を焚いて神を祭る盛大な祭りが行われたものが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同され、お中元は祖先の霊を供養する日となった。
江戸時代以降、お中元に親類や知人が往来し、お盆の礼として贈り物をする風習が生まれ、お世話になった人に贈り物をする習慣へ変化していった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 唐変木の意味・類語・言い換え

  2. 和歌山県の意味・シンボル

  3. ヤブ蚊の意味・別名・類語

  4. メンチカツの語源・由来

  5. でこぼこの意味・類語・言い換え

  6. 党紀の意味・類語・言い換え

  7. 猪口才の語源・由来

  8. 野次馬の語源・由来

  9. ぶきっちょの語源・由来

  10. 港の語源・由来

  1. 「タクシー」と「ハイヤー」の違い

  2. 制作の意味・類語・言い換え

  3. 呉越同舟の語源・由来

  4. サンマの語源・由来

  5. 狸寝入りの意味・類語・言い換え

  6. 「拝啓」「謹啓」「前略」の違い

  7. 対象の意味・類語・言い換え

  8. グレープフルーツの語源・由来

  9. ミズバショウの意味・別名・類語

  10. ジャパンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 焼きが回るの語源・由来

  2. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  3. ニッケルの語源・由来

  4. ハリセンの語源・由来

  5. コンパの語源・由来

  6. 縁側の語源・由来

  7. ひょっとこの語源・由来

TOP