お中元の語源・由来

お中元の「中元」は、道教の習俗「三元(上元・中元・下元)」のひとつで、旧暦7月15日のことである。(上元は1月15日、下元は10月15日)
道教では中元を人間贖罪(しよくざい)の日として、一日中火を焚いて神を祭る盛大な祭りが行われたものが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同され、お中元は祖先の霊を供養する日となった。
江戸時代以降、お中元に親類や知人が往来し、お盆の礼として贈り物をする風習が生まれ、お世話になった人に贈り物をする習慣へ変化していった。

出典:語源由来辞典

TOP