くす玉の語源・由来

くす玉は、魔除けの縁起物として平安時代から存在し、無病息災の願いが込めらたものであった。
元は、麝香・沈香・丁子など、種々の薬を束ねて作られていた玉だったことから、「薬玉」と呼ばれるようになった。
やがて、ショウブやヨモギなどを飾った華やかなものとなり、現代のくす玉に変わっていった。
平安中期の『枕草子』には、中宮定子で5月5日の端午の節句に、くす玉が飾られていたことが残されている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 茨城県の語源・由来

  2. ブロッコリーの意味・別名・類語

  3. 目から鱗が落ちるの語源・由来

  4. 演歌の意味・類語・言い換え

  5. 投機の意味・類語・言い換え

  6. 小賢しいの意味・類語・言い換え

  7. 那覇市の語源・由来

  8. ひたちなか市の意味・シンボル

  9. 大福の種類

  10. 演説の語源・由来

  1. 満を持すの語源・由来

  2. 人口に膾炙するの意味・類語・言い換え

  3. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  4. スパムの語源・由来

  5. 「実」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. 「屁」と「おなら」の違い

  7. アオダイショウの意味・別名・類語

  8. 「干支」と「十二支」の違い

  9. 杉並区の語源・由来

  10. おいらの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 渡りに船の語源・由来

  2. 慌てふためくの語源・由来

  3. 売るの語源・由来

  4. さくらんぼの栄養基礎知識

  5. レーズンの栄養基礎知識

  6. アジ(マアジ)の栄養基礎知識

  7. フヨウの語源・由来

TOP