くす玉の語源・由来

くす玉は、魔除けの縁起物として平安時代から存在し、無病息災の願いが込めらたものであった。
元は、麝香・沈香・丁子など、種々の薬を束ねて作られていた玉だったことから、「薬玉」と呼ばれるようになった。
やがて、ショウブやヨモギなどを飾った華やかなものとなり、現代のくす玉に変わっていった。
平安中期の『枕草子』には、中宮定子で5月5日の端午の節句に、くす玉が飾られていたことが残されている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 指の語源・由来

  2. おやじの語源・由来

  3. ふつつかの語源・由来

  4. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  5. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  6. ピカイチの語源・由来

  7. 一目散の語源・由来

  8. 瓜二つの語源・由来

  9. シミとそばかすの違い

  10. あくせくの語源・由来

  1. あっぱれの語源・由来

  2. すずしろの語源・由来

  3. ごろつきの語源・由来

  4. 違いの意味・類語・言い換え

  5. 階統制の意味・類語・言い換え

  6. 山椒の語源・由来

  7. スパイの語源・由来

  8. ドッジボールの意味・別名・類語

  9. 同義語の意味・類語・言い換え

  10. 大童の語源・由来

人気記事

  1. 延期と順延と延長の違い・使い分け

  2. 青ピーマン(緑ピーマン)と赤ピーマンの違い

  3. マンションとアパートの違い

  4. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  5. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  6. 難しいと困難と至難の違い

  7. 整形外科と形成外科と美容外科の違い

TOP