とんちんかんの語源・由来

とんちんかんは、鍛冶などで師が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるため、ずれて響く音の「トンチンカン」を模した擬音語であった。
音が揃わないことから、ちぐはぐなことを意味するようになり、まぬけな言動も意味するようになった。
漢字で「頓珍漢」と書くのは、音からの当て字である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 山形県の語源・由来

  2. 西尾市の意味・別名・シンボル

  3. 挨拶の語源・由来

  4. 終盤の語源・由来

  5. 稽古の語源・由来

  6. 「重体」と「重態」の違い

  7. 胡麻の蠅の語源・由来

  8. 濡れ衣の語源・由来

  9. 花より団子の意味・類語・言い換え

  10. かわやの意味・別名・類語

  1. いにしえの語源・由来

  2. えげつないの語源・由来

  3. 書き入れ時の語源・由来

  4. 熊本市の意味・シンボル

  5. チャイナドレスに深いスリットが入っている理由

  6. いびつの意味・類語・言い換え

  7. アンブレラの語源・由来

  8. ザリガニの意味・別名・類語

  9. キセル乗車の意味・類語・言い換え

  10. カモシカの意味・別名・類語

人気記事

  1. 炭(墨)の語源・由来

  2. 寅(寅年)の語源・由来

  3. コサージュの語源・由来

  4. 「HTTP」と「HTTPS」の違い

  5. 埴輪の語源・由来

  6. 梁山泊の語源・由来

  7. 「精進」と「邁進」の違い

TOP