とんちんかんの語源・由来

とんちんかんは、鍛冶などで師が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるため、ずれて響く音の「トンチンカン」を模した擬音語であった。
音が揃わないことから、ちぐはぐなことを意味するようになり、まぬけな言動も意味するようになった。
漢字で「頓珍漢」と書くのは、音からの当て字である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. カモシカの意味・別名・類語

  2. 「色」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. しめじの栄養基礎知識

  4. 松の種類

  5. 「歳」と「才」の違い

  6. 葉の意味・類語・言い換え

  7. 紅一点の意味・類語・言い換え

  8. 子(ね)の意味・類語・言い換え

  9. 当たり前の意味・類語・言い換え

  10. みたらし団子の意味・別名・類語

  1. アオリイカの語源・由来

  2. 山梨県の意味・シンボル

  3. 「取締役」と「役員」と「執行役員」の違い

  4. 台無しの語源・由来

  5. 造詣が深いの語源・由来

  6. つまりの語源・由来

  7. リンチの語源・由来

  8. たくあんの意味・別名・類語

  9. 一目置くの語源・由来

  10. やぶへびになるの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. カンカン帽の語源・由来

  2. 「居眠り」と「うたた寝」の違い

  3. 蕎麦の栄養基礎知識

  4. まんじゅうの語源・由来

  5. どんぶり勘定の語源・由来

  6. ウミネコの語源・由来

  7. 「パフェ」と「サンデー」の違い

TOP