教養の語源・由来

教養は、明治初期に「education」の訳語として伝わったものである。
しかし、その訳語には「教育」が当てられ定着したことで、教育の意味での使用は廃れ、大正時代以降に「culture(カルチャー)」の訳語という意識で、現在使われているような、教育の内面的な成果を表す言葉になっていった。
古く、中世の文献にも「教養」の語は見られる。
しかし、室町時代の辞書『伊京集』で「仏事」と説明されているように、その頃の「教養」は死者の後世を弔うことを意味する「孝養」の別表記として使われていたもので、現在使っている「教養」への繋がりが見られないため、別語として捉えた方がよい。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 木苺の語源・由来

  2. ドキドキの意味・類語・言い換え

  3. 「広報」「公報」「弘報」の違い

  4. 川柳の語源・由来

  5. カタツムリの意味・別名・類語

  6. 真剣の語源・由来

  7. オダマキの語源・由来

  8. ももひきの語源・由来

  9. 「コスプレ」「仮装」「変装」「扮装」の違い

  10. 村八分の意味・類語・言い換え

  1. 川寿の意味・類語・言い換え

  2. 大金持ちの意味・類語・言い換え

  3. 言葉の語源・由来

  4. 除夜の鐘の意味・類語・言い換え

  5. 袂の語源・由来

  6. 如月の語源・由来

  7. 脂ギッシュの語源・由来

  8. 八街市の語源・由来

  9. ガキの語源・由来

  10. 人いきれの語源・由来

人気記事

  1. 「モツ」と「ホルモン」の違い

  2. ハマユウの語源・由来

  3. 札付きの語源・由来

  4. 覚えるの語源・由来

  5. 草分けの語源・由来

  6. 大津市の語源・由来

  7. ひとりぼっちの語源・由来

TOP