占いの語源・由来

昔は、単に「占(うら)」と呼ばれていた。
その「占」に、接尾語の「なう」が付いて動詞「占う」となり、その名詞形で「占い」となった。
占いの「占(うら)」は、「心(うら)」である。
「心(うら)」は「表に出さない裏の心」「外面に現れない内心」の意味で、「うらさびし」といった言葉も、占いと同様に「心(うら)」に由来する言葉である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハロウィンの意味・別名・類語

  2. 腑に落ちないの意味・類語・言い換え

  3. 雑学と豆知識の違い

  4. 意図的と恣意的の違い

  5. 能動的の意味・類語・言い換え

  6. 夏日と真夏日と猛暑日と酷暑日と熱帯夜の違い

  7. 尊邸の意味・類語・言い換え

  8. マンションとアパートの違い

  9. 他力本願の語源・由来

  10. 福島県の意味

  1. 高嶺の意味・類語・言い換え

  2. コリアンダーの意味・別名・類語

  3. 足元を見るの語源・由来

  4. 広報と公報と弘報の違い

  5. 牡蠣の栄養基礎知識

  6. アホウドリの語源・由来

  7. 空と宇宙の境界はどこか

  8. 対応と応対の違い

  9. 希望小売価格の意味・類語・言い換え

  10. 跋扈の語源・由来

人気記事

  1. 海胆と海栗と雲丹の違い

  2. 鉛筆が六角形で色鉛筆が丸いのはなぜか

  3. マフラーとストールとショールとスカーフの違い

  4. 夏季オリンピックと冬季オリンピックでは正式名称が違う

  5. おざなりとなおざりの違い・使い分け

  6. 修正と訂正の違い・使い分け

  7. ヨガとピラティスの違い

TOP