漫才の語源・由来

漫才は、本来は「万歳(萬歳)」と書き、「万年」や「いつまでも栄えるように祝う」ことを意味した。
中世以降、新年に宮中や寺社などで祝い言を述べ、舞を舞う「千秋万歳(せんずまんざい)」が、漫才の原型となる。
近世に、「太夫(たゆう)」と「才蔵(さいぞう)」が二人一組で家々を回り、祝い言を述べ、滑稽な踊りや掛け合いをする形になった。
この形の万歳には、「三河万歳」「大和万歳」「尾張万歳」「秋田万歳」などがある。
漫才は万歳が発展したもので、1930年代中頃より「漫才」の表記となった。
大阪では昭和8年正月から「万才」に替え、東京でも昭和9年4月から使用されていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. とんちんかんの語源・由来

  2. 春一番の語源・由来

  3. 「笑う」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  4. けちをつけるの語源・由来

  5. うどんの意味・別名・類語

  6. ぶきっちょの意味・類語・言い換え

  7. オジギソウの語源・由来

  8. はっぴの語源・由来

  9. 緑黄色野菜一覧

  10. キンモクセイの語源・由来

  1. 「樽」と「桶」の違い

  2. 類語辞典の意味・類語・言い換え

  3. 陣痛の意味・類語・言い換え

  4. 越谷市の意味・シンボル

  5. 兵庫県の語源・由来

  6. 梨の意味・別名・類語

  7. うるさいの意味・類語・言い換え

  8. シャリの語源・由来

  9. 「国立公園」「国定公園」「国営公園」「国民公園」の違い

  10. カンツォーネの語源・由来

人気記事

  1. オジギソウの語源・由来

  2. バストの語源・由来

  3. 「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

  4. 行水の語源・由来

  5. 川崎市の語源・由来

  6. いらっしゃいの語源・由来

  7. 「絶対」と「絶体」の違い

TOP