轟くの語源・由来

轟くの語源には、「遠く驚く」の意味からとする説もあるが、音が大きく響き渡るさまを表す「とどろ」に、接尾語の「く」が付いて動詞化した語である。
遠くでかみなりが鳴ったり、連続して太鼓が鳴り響く低い音を「どろどろ」や「どどん」と表すように、「とどろ」も擬声語と考えられる。
「轟く」の漢字は、多くの車が往来することを表した会意文字で、多くの車が往来する音から「とどろく」に当てられた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 紋切り型の語源・由来

  2. バターの種類

  3. やぶへびの語源・由来

  4. 焼け木杭に火が付くの語源・由来

  5. こにしの意味・別名・類語

  6. 以降の意味・類語・言い換え

  7. 筆者と著者と作者の違い・使い分け

  8. サウナの語源・由来

  9. 風邪の意味・別名・類語

  10. 足元を見るの語源・由来

  1. きくらげの語源・由来

  2. 「一人」と「独り」の違い・使い分け

  3. ミイラ取りがミイラになるの意味・類語・言い換え

  4. くす玉の語源・由来

  5. 正念場の語源・由来

  6. デジタルの語源・由来

  7. ほくろの意味・別名・類語

  8. ナメクジの意味・別名・類語

  9. アシカとアザラシとセイウチの違い

  10. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

人気記事

  1. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  2. 「投資」と「投機」の違い・使い分け

  3. 切符ときっぷの違い

  4. 「油」「脂」「膏」の違い・使い分け

  5. コラムとエッセイの違い

  6. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

  7. 日本酒と焼酎の違い

TOP