うたた寝の語源・由来

小野小町の歌に「うたた寝に 恋しき人を 見てしより 夢てふものは 頼みそめてき」とあるように、うたた寝は古くから使われている言葉である。
漢字で「転寝」と書くが、「転(うたた)」という副詞は「どんどん進行して甚だしくなるさま」を意味し、「うたた寝」の「うたた」とは意味が掛け離れているため、語源であるとは考えがたい。
また、「夢うつつ」や「うつつを抜かす」などと使われる「現(うつつ)」が語源で、「現寝(うつつね)」が変化したとも考えられるが、「うつつ」が「夢心地」の意味を持つのは後世のことであるため、「うたた寝」が使われ始めた時代を考えると不自然な説である。

出典:語源由来辞典

TOP