うたた寝の語源・由来

小野小町の歌に「うたた寝に 恋しき人を 見てしより 夢てふものは 頼みそめてき」とあるように、うたた寝は古くから使われている言葉である。
漢字で「転寝」と書くが、「転(うたた)」という副詞は「どんどん進行して甚だしくなるさま」を意味し、「うたた寝」の「うたた」とは意味が掛け離れているため、語源であるとは考えがたい。
また、「夢うつつ」や「うつつを抜かす」などと使われる「現(うつつ)」が語源で、「現寝(うつつね)」が変化したとも考えられるが、「うつつ」が「夢心地」の意味を持つのは後世のことであるため、「うたた寝」が使われ始めた時代を考えると不自然な説である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 東京都港区の意味・シンボル

  2. 放送の語源・由来

  3. アメダスの語源・由来

  4. 大団円の語源・由来

  5. 電子レンジの仕組み・原理

  6. 無鉄砲の意味・類語・言い換え

  7. タイマンの語源・由来

  8. 鏡割りの意味・類語・言い換え

  9. 魔除けの矢の意味・別名・類語

  10. 鏡抜きの意味・類語・言い換え

  1. ナナカマドの種類

  2. 水無月(和菓子)の語源・由来

  3. 情けは人の為ならずの語源・由来

  4. ネムノキの語源・由来

  5. 北海道の語源・由来

  6. やるせないの語源・由来

  7. ちょっかいの語源・由来

  8. デカの意味・類語・言い換え

  9. 初詣の語源・由来

  10. 広島市の意味・シンボル

人気記事

  1. ノルディックスキーの語源・由来

  2. くりからもんもんの語源・由来

  3. 「梅雨」と「雨季」の違い

  4. 「効果」と「効能」の違い

  5. ライ麦の語源・由来

  6. きゅうりの栄養基礎知識

  7. 「シミ」と「そばかす」の違い

TOP