ブルーチーズの栄養基礎知識

ブルーチーズの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法など、知っておきたいブルーチーズの基礎知識。

ブルーチーズの特徴

ブルーチーズとは、乳を乳酸菌で固めて発酵させたものです。
青カビにより熟成させていて、強烈な香りと独特の味わいが特徴です。青カビは繁殖に空気が必要なため、固めて水を切ったカードに青カビを塗り、そのあとチーズに成形することで少しチーズ内に空洞を作ります。さらに熟成過程で金串を刺し、空気に触れさせます。
熟成中に塩をまぶしていき、塩分濃度が4.5%になるぐらいに仕上げます。
ワインとの食べ合わせがよく、サラダのトッピングなどにも用いられます。

ブルーチーズの栄養・効能

タンパク質や脂質が豊富で、アミノ酸のラクトトリペプチドは血管をしなやかにして、降圧効果があるとされます。
そしてチーズは濃縮されているため、牛乳100ml分のタンパク質をチーズ一切れで補えると言われるほど栄養価も高いです。
カルシウムとリンのバランスがよいため体内に吸収されやすく、骨を丈夫にします。
皮膚や粘膜を守るビタミンAや脂質代謝に関与するビタミンB2も含まれます。
チーズは乳糖が分解されているため、乳糖不耐症でもおなかを下す心配はありません。

ブルーチーズの選び方

クセが強いものが多いですが、ゴルゴンゾーラチーズは比較的食べやすいとされます。ブルーチーズらしいクセやコクが好きな場合はロックフォールチーズがおすすめです。

ブルーチーズの保存方法

風味を保つため10℃以下で保存します。乾燥を防ぐためラップでくるみましょう。
熟成するにしたがって水分が出てくるため、水分をよく拭き取り保存してください。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. ハンチング帽とキャスケットとベレー帽の違い

  2. イノシシの種類

  3. ハスカップの栄養基礎知識

  4. 呉服の語源・由来

  5. ニホンとニッポンの違い

  6. ボラの語源・由来

  7. 松竹梅の語源・由来

  8. 卵と玉子の違い・使い分け

  9. ケヤキの語源・由来

  10. カタツムリの語源・由来

  1. ペディキュアの語源・由来

  2. ロンパリの語源・由来

  3. 月不見月の意味・異名・類語

  4. カルダモンの語源・由来

  5. 弘法にも筆の誤りの意味・類語・言い換え

  6. 安倍川餅の語源・由来

  7. 蓮っ葉の語源・由来

  8. 方法の意味・類語・言い換え

  9. 水を向けるの語源・由来

  10. 日読みの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ダックスフントとダックスフンドの違い

  2. しらたきと糸こんにゃくの違い

  3. 燃やすと焼くと焚くの違い

  4. お辞儀と会釈の違い

  5. パンプスとハイヒールの違い

  6. 入れ墨と刺青とタトゥーの違い

  7. にわかファンとミーハーなファンの違い・使い分け

TOP