きゅうりの栄養基礎知識

きゅうりの特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、種類など、知っておきたいきゅうりの基礎知識。

きゅうりの特徴

きゅうりとはウリ科の野菜で、シャキシャキとした歯触りが特徴です。
原産国はインドのヒマラヤ地方で、日本では奈良時代から食べられていたとされています。
サラダや酢の物、炒め物など幅広い用途で用いられ、板ずりをするといぼが取れて口当たりがよくなります。
完熟すると黄色くなる「黄瓜」が語源とされており、食用は未完熟の緑色のものを収穫します。果皮が薄く、色が白い華南型と、果皮が厚く、いぼが黒い華北型があります。

きゅうりの栄養・効能

きゅうりのほとんどが水分で、一見栄養がないように思われますが、ミネラルやビタミンを含む優れた食材です。
特にカリウムが多く、余分なナトリウムを体外に排出する効果があります。
抗酸化作用をもつビタミンCや、糖質代謝に関与するビタミンB1も含み、ビタミンB1はぬか漬けにすると量が増えるとされます。
シトルリンというアミノ酸の一種がきゅうりには多く含まれ、血管の拡張作用や疲労回復、運動能力の向上に効果が期待できます。

きゅうりの選び方

触れると痛いぐらいイボが尖っているものが新鮮です。
両端がしっかりしているものが良品とされますが、曲がり方は味への影響はありません。

きゅうりの保存方法

水気を拭いて新聞紙にくるみ、野菜室にて保存します。
しかし低温に弱いため、冷やし過ぎないように早めに食べきりましょう。

きゅうりの旬の時期

ハウス栽培により通年出回りますが、5~8月が旬です。

きゅうりの種類

四川きゅうり

種が小さく、歯ごたえもよいため生食がおすすめです。

もぎりきゅうり

曲がってしまったきゅうりを若どりした小さいきゅうりです。

ひめきゅうり

サイズが小さく、甘みが強いです。

加賀太きゅうり

加賀野菜の一種で、大型の品種です煮込み料理などにも向きます。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. イタチの語源・由来

  2. 川寿の語源・由来

  3. バザールの意味・類語・言い換え

  4. キツツキの種類

  5. 金魚の意味・別名・類語

  6. コンロの語源・由来

  7. デカの意味・類語・言い換え

  8. 弘法にも筆の誤りの語源・由来

  9. プロセスチーズの栄養基礎知識

  10. プラズマテレビの意味・類語・言い換え

  1. 天竺牡丹の意味・別名・類語

  2. ぐるの語源・由来

  3. フリーマーケットの語源・由来

  4. ロハの語源・由来

  5. 朝日の御旗の意味・類語・言い換え

  6. 痔の語源・由来

  7. 「怖い」「恐い」「強い」の違い

  8. 豊田市の意味・シンボル

  9. かつらの意味・類語・言い換え

  10. 西東京市の意味・シンボル

人気記事

  1. いちごの語源・由来

  2. ドンピシャの語源・由来

  3. シーザーサラダの語源・由来

  4. 飴の語源・由来

  5. 「絶対」と「絶体」の違い

  6. コールテンの語源・由来

  7. 凄いの語源・由来

TOP