大根の栄養基礎知識

大根の特徴、栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期、加工品、種類や仲間など、知っておきたい大根の基礎知識。

大根の特徴

大根とは春の七草のひとつで、別名「すずしろ(清白・蘿蔔)」といいます。
日本人によく食べられており、国内生産量は野菜の中でもトップクラスです。
いくつかの種類がありますが、大きく分類すると「ヨーロッパ大根」「中国大根」「日本大根」の3種に分けられます。
日本大根だけでも数十種ありましたが、近年、市場に出回るものの多くは青首大根です。
主に食用とする根は淡色野菜に分類されますが、大根の葉は緑黄色野菜で、若葉を食用とする葉大根や、芽ばえのかいわれ大根も緑黄色野菜です。

大根の栄養・効能

大根の根には、デンプンを分解するアミラーゼやジアスターゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼ、発がん性物質を解毒するオキシダーゼなど、数種類の酵素が豊富に含まれています。
大根の葉には、β-カロテン、ビタミンCが多く含まれており、免疫力を高めるのに有効です。
その他、ビタミンK、葉酸、カリウム、カルシウムなども含んで栄養豊富なので、大根は根だけでなく葉も調理して食べるようにしましょう。

大根の選び方

大根は白くハリとツヤがあり、なめらかなもの。ひげ根の穴は少なめで、均一に並んでいるもの。ずっしり重いもの。
根がカットされたものは、断面が真っ白く、スが入っていないもの。
葉付き大根の場合は、葉が放射線状に広がり、色が鮮やかな緑色で、ピンとしているもの。葉が切り落とされている場合は、その断面が変色しておらず、みずみずしいものを選びましょう。

大根の保存方法

大根は葉から水分が蒸発し、スが入るので、葉付き大根の場合は、葉と根を切り分けて保存します。
根はラップに包み、葉はポリ袋へ入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。その際、根は切り口を上にして立てて保存しましょう。

大根の旬の時期

大根は通年流通しており、春大根や夏大根もありますが、11月から3月に収穫された大根は、寒さで甘みが増しています。

大根の加工品

切り干し大根、たくあん、糠味噌漬け、守口漬け、べったら漬け、味噌漬け、福神漬け、キムチなど。

大根の種類や仲間

青首大根、ラディッシュ(二十日大根)、紅芯大根、辛味大根、レディサラダ、赤大根、黒大根、聖護院大根、源助大根、練馬大根、三浦大根、守口大根、亀戸大根、ねずみ大根、四十日大根など。

出典:食品食材栄養事典

今見られている記事 ランダム
  1. 貫禄の語源・由来

  2. 爪の語源・由来

  3. 「人魚の数え方」と「鬼の数え方」の違い

  4. 陣痛の意味・類語・言い換え

  5. 男前の意味・類語・言い換え

  6. カンカン帽の語源・由来

  7. 板につくの語源・由来

  8. 「シミュレーション」と「シュミレーション」の違い

  9. 我利我利亡者の意味・類語・言い換え

  10. すったもんだの意味・類語・言い換え

  1. ぺんぺん草の語源・由来

  2. 群馬県の意味・シンボル

  3. にんにくの語源・由来

  4. 戯画の意味・類語・言い換え

  5. 取手市の意味・シンボル

  6. 「木材」と「材木」の違い

  7. 「樽」と「桶」の違い

  8. 箱根町の語源・由来

  9. ヤツメウナギの意味・別名・類語

  10. 負けず嫌いの「ず」の意味

人気記事

  1. テッセンの語源・由来

  2. 穀類(穀物)の栄養基礎知識

  3. 手形の語源・由来

  4. 鶏むね肉の栄養基礎知識

  5. 村八分の語源・由来

  6. 「海老」と「蝦」の違い

  7. ゴトウイカの語源・由来

TOP