キャッサバでん粉の栄養基礎知識

キャッサバでん粉の特徴、栄養・効能、保存方法、加工品など、知っておきたいキャッサバでん粉の基礎知識。

キャッサバでん粉の特徴

キャッサバでん粉とは、中南米や東南アジアで栽培されるトウダイグサ科のキャッサバの根茎から取り出したでん粉です。
別名「タピオカ」や「マニオカでん粉」ともいいますが、現在では、キャッサバでん粉から作られた「タピオカパール」を主に「タピオカ」と呼び、キャッサバでん粉は「タピオカ粉」や「タピオカパウダー」と呼ぶことが多くなっています。

キャッサバでん粉の栄養・効能

キャッサバでん粉の主成分は炭水化物(糖質)で、100gあたり約85g含まれています。
その他は、カリウムやカルシウムなどのミネラル類が主な栄養素となっており、ビタミン類は含まれていません。

キャッサバでん粉の保存方法

キャッサバでん粉は、湿気を含まないよう密閉し、直射日光を避けて冷暗所で保存します。

キャッサバでん粉の加工品

タピオカパール、麺、餅、パン、水飴など。

出典:食品食材栄養事典

TOP