山口県の語源・由来

山口の地名は、鎌倉中期より見られる。
由来は「山の入り口」の意味で、東鳳翩山(ひがしほうべざん)の入り口周辺地域が「山口」と呼ばれていたといわれる。
また、山の縁の地の意味で「ヤマフチ(山縁)」が転じたとする説もある。

出典:語源由来辞典

TOP