山口県の語源・由来

山口の地名は、鎌倉中期より見られる。
地名は「山の入り口」の意味で、東鳳翩山(ひがしほうべざん)の入り口周辺地域が「山口」と呼ばれていたといわれる。
また、山の縁の地の意味で「ヤマフチ(山縁)」が転じたとする説もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. なぜ雪は白いのか

  2. コハダの語源・由来

  3. ただいまの語源・由来

  4. 大田区の語源・由来

  5. 熨斗の語源・由来

  6. ラーメンの種類

  7. 賽銭の語源・由来

  8. 浪人の語源・由来

  9. ゲテモノの語源・由来

  10. 想像と空想と夢想と妄想と幻想の違い・使い分け

  1. カジカの語源・由来

  2. 四六時中の意味・類語・言い換え

  3. ラッキーセブンの語源・由来

  4. そそっかしいの語源・由来

  5. セゾンの意味・類語・言い換え

  6. 看病と看護と介抱の違い・使い分け

  7. ちゃらんぽらんの意味・類語・言い換え

  8. 昔の語源・由来

  9. ベルガモットの語源・由来

  10. じゃんけんの語源・由来

人気記事

  1. ラムネとサイダーとソーダの違い

  2. 血と皿の漢字が似ている理由

  3. せんべいとあられとおかきの違い

  4. 旨味とうま味の違い

  5. 居眠りとうたた寝の違い

  6. ウサギの目が赤い理由

  7. 十分と充分の違い・使い分け

TOP