銀行の語源・由来

銀行は、英語「bank(バンク)」の訳語。
幕末から明治初期には「両替屋」「両替問屋」「為替会社」とも訳されたが、「バンク」という語をそのまま用いることが多かった。
明治5年(1872年)には訳語の「銀行」が見え始めるが、官庁などの専門的な訳語として用いられるに過ぎず、一般にも定着したのは明治10年代になってからである。
日本で「銀行」が使われる20年ほど前から、中国では「bank」の訳語として用いられているため、その拝借と考えられるが、訳語を「金行」とする案もあったことから、単に拝借したわけではないと考えられる。
「金行」ではなく「銀」を用いて「銀行」とした理由は、当時の貨幣制度が銀本位であったことや、「きんこう」よりも「ぎんこう」の方が発音しやすかったためといわれる。
銀行の「行」は、中国で「同業商人組合」を意味する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. リベラリズムの意味・類語・言い換え

  2. 不思議の語源・由来

  3. 身から出た錆の意味・類語・言い換え

  4. 老舗の語源・由来

  5. みかんの語源・由来

  6. だんじりの語源・由来

  7. 対岸の火事の意味・類語・言い換え

  8. マスカラの語源・由来

  9. 「タイツ」と「ストッキング」の違い

  10. 4月の意味・異名・類語

  1. 独り相撲の語源・由来

  2. 料理の意味・類語・言い換え

  3. 岡山県の市区町村名一覧

  4. 烏兎怱怱の語源・由来

  5. 核家族の意味・類語・言い換え

  6. 絆の意味・類語・言い換え

  7. 鶏卵の意味・別名・類語

  8. お払い箱の語源・由来

  9. グレコローマンスタイルの意味・別名・類語

  10. オードパルファムの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 兵庫県の語源・由来

  2. ヘイケボタルの語源・由来

  3. ブルーチーズの栄養基礎知識

  4. 港の語源・由来

  5. ひげの語源・由来

  6. 「目的」と「目標」の違い

  7. サバ(マサバ)の栄養基礎知識

TOP