重体と重態の違い・使い分け


病気や負傷の程度がおもく、危険な状態にあることを意味する「じゅうたい」の漢字には「重体」と「重態」がある。
この二つの違いは、以下のように言われることもある。

重体は事故などで生命の危機にある状態をいい、重態は危篤状態が続いていること。
重体は命にかかわるような病気や負傷の状態をいい、重態は命にかかわるような健康状態のことで、重態には負傷が含まれないなど。

しかし、重体と重態は同じ意味であり、上記のような使い分け方はしていない。
重体と重態の違いを挙げるとすれば、新聞などの報道では「重体」に統一されており、一般にも「重態」より「重体」の表記の方が多く使われていることぐらいである。

今見られている記事 ランダム
  1. 餃子の王将と大阪王将と餃子の王さまの違い

  2. ひつまぶしの意味・別名・類語

  3. おこがましいの意味・類語・言い換え

  4. 同級生と同期生と同窓生の違い

  5. とてつもないの語源・由来

  6. ビスケットの意味・類語・言い換え

  7. 牛乳の栄養基礎知識

  8. 華甲の意味・類語・言い換え

  9. 捺印の意味・類語・言い換え

  10. パスタとスパゲッティの違い

  1. にんにくの栄養基礎知識

  2. 茶話会の意味・類語・言い換え

  3. 盛り蕎麦とざる蕎麦とせいろ蕎麦の違い

  4. 月月の意味・類語・言い換え

  5. 暮らしの意味・類語・言い換え

  6. 土用の語源・由来

  7. 高山の意味・類語・言い換え

  8. 釜炒り茶の栄養基礎知識

  9. 馬耳東風の語源・由来

  10. 杞憂の語源・由来

人気記事

  1. つくねとつみれの違い

  2. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  3. オセロとリバーシの違い

  4. コックとシェフと板前の違い

  5. 海老と蝦の違い

  6. ダックスフントとダックスフンドの違い

  7. 積極的と自発的と能動的の違い・使い分け

TOP