「重体」と「重態」の違い

病気や負傷の程度がおもく、危険な状態にあることを意味する「じゅうたい」の漢字には「重体」と「重態」がある。
この二つの違いは、以下のように言われることもある。

重体は事故などで生命の危機にある状態をいい、重態は危篤状態が続いていること。
重体は命にかかわるような病気や負傷の状態をいい、重態は命にかかわるような健康状態のことで、重態には負傷が含まれないなど。

しかし、重体と重態は同じ意味であり、上記のような使い分け方はしていない。
重体と重態の違いを挙げるとすれば、新聞などの報道では「重体」に統一されており、一般にも「重態」より「重体」の表記の方が多く使われていることぐらいである。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. おきゃんの語源・由来

  2. 陣痛の語源・由来

  3. 摂氏の語源・由来

  4. うなじの意味・別名・類語

  5. マンホールの語源・由来

  6. こんばんはの語源・由来

  7. 箍が緩むの語源・由来

  8. かばんの語源・由来

  9. 十二支の意味・類語・言い換え

  10. 大葉の意味・別名・類語

  1. 豆の語源・由来

  2. 生姜の語源・由来

  3. 「旨味」と「うま味」の違い

  4. 吉野川市の意味・シンボル

  5. バッタもんの意味・類語・言い換え

  6. コナラの語源・由来

  7. 一攫万金の意味・類語・言い換え

  8. 「木材」と「材木」の違い

  9. 幸せの意味・類語・言い換え

  10. 高飛車の語源・由来

人気記事

  1. マンゴーの栄養基礎知識

  2. 草の語源・由来

  3. 食パンの栄養基礎知識

  4. ディスるの語源・由来

  5. 緑黄色野菜の栄養基礎知識

  6. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」の違い

  7. 「明く」「開く」「空く」の違い

TOP