尊いと貴いの違い・使い分け


「とうとい」「たっとい」は、漢字で「尊い」「貴い」と書く。
この二つの漢字は意味の違いによって使い分け、動詞の「尊ぶ・貴ぶ」や「尊む・貴む」も同じように使い分けられる。

尊いは、敬うべきもの(尊敬)。大切にすべきものの意味で使う。
「尊い神仏」「尊い教え」「平和の尊さ」など。

貴いは、他に代えるものがない(貴重)。価値が高い。身分が高い(高貴)という意味で使う。
「貴い体験」「貴い税金」「和を以て貴しとなす」など。

基本的に、神仏や人に対しては「尊い」を使い、物や事柄には「貴い」を使うが、「尊い命」と「貴い命」、「尊い身分」と「貴い身分」のように、どちらも使える場合がある。
これらは「大切にすべきもの(尊い命)」と「価値があるもの(貴い命)」、「尊敬すべきもの(尊い身分)」と「身分が高い(貴い身分)」と使い分けられる。

意味が似ているため使い分けも難しいが、「大切にすべき」「尊敬すべき」というのは主観的な気持ちを表すもので、「価値がある」「身分が高い」というのは客観的な評価・様子を表すものである。
そのため、主観的な気持ちを表す場合には「尊い」を使い、客観的な様子を表す場合には「貴い」を使うようにするのがよい。

今見られている記事 ランダム
  1. 人魚の数え方と鬼の数え方の違い

  2. ハネムーンの語源・由来

  3. 繭の意味

  4. 嘘八百の語源・由来

  5. 無駄の語源・由来

  6. 生まれの意味・類語・言い換え

  7. 一騎当千の語源・由来

  8. 調理と料理の違い・使い分け

  9. 関西の意味・類語・言い換え

  10. 春の大型連休の意味・類語・言い換え

  1. 学ぶの語源・由来

  2. ダイヤモンドの語源・由来

  3. 頭と顔の境目はどこか

  4. 丑の日の意味・類語・言い換え

  5. 港湾の意味・類語・言い換え

  6. 赤べこはなぜ赤いのか

  7. 柿の語源・由来

  8. 対象の意味・類語・言い換え

  9. 後悔先に立たずの意味・類語・言い換え

  10. ケチの語源・由来

人気記事

  1. 効果と効能の違い

  2. おしることぜんざいの違い

  3. 髭と鬚と髯の違い

  4. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  5. からしとマスタードの違い

  6. 越えると超えるの違い・使い分け

  7. 署名と記名とサインの違い

TOP