尊いの語源・由来

尊いは「たふとし」の口語で、その語源には品位の高さを表す「高太シ」からや、「タフト(貴太)」の意味、「タフト(足太)」を活用させた語など、「太」に関連付ける説が多い。
その他、その事に当たってよく勝つ意味の「タフ(堪)」の異形に、程度の甚だしいことを表す「イタシ(甚)」が付いた、「タヘイタシ(勝甚)」から変化したとする説もあるが、特定は難しい。

元々、尊い(たふとし)は、崇め重んずるべきであるの意味として用いられていた。
対象に畏敬の念をはらうところから、品位が高く優れているの意味にも使われ、尊いは、価値が高い、貴重であるの意味にもなった。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 富有柿の語源・由来

  2. 青天白日の意味

  3. ロブスターの語源・由来

  4. 冷たいの語源・由来

  5. タメ口の意味・類語・言い換え

  6. 発展の意味

  7. 冬期の意味・類語・言い換え

  8. ウサギの目が赤い理由

  9. プレゼントの語源・由来

  10. いなせの語源・由来

  1. 半寿の意味・類語・言い換え

  2. 修正と修整の違い・使い分け

  3. ちゃらんぽらんの意味・類語・言い換え

  4. がむしゃらの語源・由来

  5. ミリオネアの意味・類語・言い換え

  6. 春の大型連休の意味・類語・言い換え

  7. 棋石の意味・類語・言い換え

  8. Tシャツとカットソーの違い

  9. 葛藤の語源・由来

  10. 初秋の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 髭と鬚と髯の違い

  2. 送ると贈るの違い・使い分け

  3. 重症と重傷の違い・使い分け

  4. 髪と髪の毛と頭髪と毛髪の違い

  5. 能率と効率の違い・使い分け

  6. 交代と交替の違い・使い分け

  7. 共同と協同と協働の違い・使い分け

TOP