鏡開きと鏡割りと鏡抜きの違い


「鏡開き」と「鏡割り」は、正月に供えた鏡餅を下げて食べる行事のこと。
江戸時代の武家社会で、男子は具足に供えた具足餅、女子は鏡台に供えた鏡餅を手や木槌で割って食べたことに由来する。
刃物で切らず、手や木槌で割り砕くのは、切腹を連想させるためである。

「鏡割り」という言葉は、鏡餅を割って食べることからだが、「割る」という言葉も縁起が悪いため、忌み詞として「開き」を使い、「鏡開き」というようになった。
縁起の悪いことに使うことがない言葉なので、「鏡割り」よりも「鏡開き」を使うのがよい。

祝宴などで酒樽の蓋を木槌で割って開くことは、「鏡抜き」「鏡開き」「鏡割り」という。
「鏡」は酒樽の上蓋を「鏡」と呼んでいたことに由来し、酒樽の蓋を開くことは「鏡を抜く」と言っていたので、本来は「鏡抜き」と呼ぶのが正しい。
しかし、「抜く」は語感が悪いとされることもあり、鏡餅と同様、「割る」では縁起が悪いため、「開き」を使って「鏡開き」と呼ぶようになった。

報道などで酒樽を木槌で割って開くことを表す際、「鏡抜き」では語感が悪いと言われ、「鏡開き」では正しくないと言われるため、「酒樽を開ける」「四斗樽(しとだる)を開ける」といった表現をすることが多い。


今見られている記事 ランダム
  1. デブの意味・類語・言い換え

  2. 目から鱗が落ちる動物

  3. 尻馬に乗るの語源・由来

  4. パフュームの意味・類語・言い換え

  5. 刺青の意味・別名・類語

  6. ピントとフォーカスの違い

  7. イノセントの意味・類語・言い換え

  8. 夏の意味・類語・言い換え

  9. 関東と関東地方と首都圏と東京圏の違い

  10. 元旦の意味・類語・言い換え

  1. 差異の意味・類語・言い換え

  2. ひやむぎの語源・由来

  3. 音楽の意味・別名・類語

  4. 瞳の意味・類語・言い換え

  5. 餞の意味・類語・言い換え

  6. 明く・明けると開く・開けると空く・空けるの違い・使い分け

  7. お菜の意味・類語・言い換え

  8. シラントロの意味・別名・類語

  9. 対応と応対の違い

  10. 木と草の違い・区別の仕方

人気記事

  1. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  2. ドキドキとワクワクとハラハラの違い・使い分け

  3. 有ると在ると或るの違い・使い分け

  4. 彗星と流星の違い

  5. 花と華の違い・使い分け

  6. 感心と関心の違い・使い分け

  7. バターとマーガリンとファットスプレッドの違い

TOP