鏡開きの語源・由来

鏡開きの「開き」は、「割る」の忌み詞。
鏡開きの行事は、武家社会の風習であったことから「切る」ことを避けた。
鏡餅は手や木槌で叩いて割るため「鏡割り」と言うが、「割る」も縁起が悪いため、「開き」という縁起の良い言葉が使われるようになった。
現在は1月11日に鏡開きを行うことところが多いが、古くは「二十日(はつか)」が「刃柄(はつか)」に通じることから、1月20日に行われていた。
しかし、徳川家光が4月20日(慶安4年)に亡くなったため、20日を忌日として避け、1月11日に行われるようになった。
正月の鏡開きの「鏡」は鏡餅を割ることに由来するが、祝宴で酒樽の蓋を割る鏡開きは、酒樽の上蓋が「鏡」と呼ばれていたたことに由来する。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 圧力鍋で時短調理できる仕組み

  2. トラウマの語源・由来

  3. そうめんの意味・別名・類語

  4. 起業家の意味・類語・言い換え

  5. 利子と利息と金利の違い

  6. 元日の語源・由来

  7. 4月の意味・類語・言い換え

  8. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  9. 怖いの意味・類語・言い換え

  10. 上ると登ると昇るの違い・使い分け

  1. 除夜の鐘の意味・類語・言い換え

  2. 2月の意味・類語・言い換え

  3. オレンジの語源・由来

  4. 長崎県の意味

  5. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  6. 南京豆の語源・由来

  7. ヨーグルトの種類

  8. サッカーの意味・別名・類語

  9. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  10. コンサートとライブとGIGの違い

人気記事

  1. 目と眼の違い・使い分け

  2. 蝶(チョウ)と蛾(ガ)の違い

  3. 広島原爆と長崎原爆の違い

  4. 油と脂と膏の違い・使い分け

  5. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  6. 適量と適宜の違い

  7. 伺うと窺うの違い・使い分け

TOP