「燃やす」「焼く」「焚く」の違い

燃やすと焼くと焚くは、火をつけて炎を上げるという点では共通するが、それぞれ重点が置かれるところに違いがあり、燃やすは、火をつけて炎を上げることや、灰にするという意味。
焼くは、熱の作用によって、元の状態とは違う状態になる意味。
焚くは、熱の作用を利用する目的で、火をつけたり、火の中に入れる意味に重点が置かれる。

「ゴミを燃やす」と「ゴミを焼く」は、ゴミを燃焼させて灰にするという意味でどちらも使えるが、「ゴミを焚く」は、ゴミを何かの燃料として使う場合以外には適当ではない。

「魚を焼く」や「陶器を焼く」は、火の熱によって、食べられる状態にしたり、陶器を作り上げるという意味になる。
これを「魚を燃やす」や「陶器を燃やす」に変えると、灰にするという意味になる。
魚や陶器は燃料にするものではないため、「魚を焚く」や「陶器を焚く」という言い方はしない。

「薪を燃やす」や「石炭を燃やす」といえば、火をつけて炎を上げる意味になり、「薪を焚く」や「石炭を焚く」では、燃料とするため火をくべる意味になる。
違う状態にするために火をつけるわけではないため、「薪を焼く」や「石炭を焼く」とは言わない。

「情熱を燃やす」というように、燃やすには感情や意欲、気力などを高ぶらせる意味でも使うが、「焼く」や「焚く」にそのような意味はない。

「燃やす」や「焚く」は使わず、「焼く」のみ使われる意味としては、「やきもちを焼く(「妬く」とも書く)」のように、嫉妬の意味。
「恋に身を焼く」のように、心を悩ませ苦しい思いをする意味。
「世話を焼く」のように、気を配ったり、世話をするという意味がある。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 無縫天衣の意味・類語・言い換え

  2. 卯年の意味・類語・言い換え

  3. 立ち往生の語源・由来

  4. しめじの栄養基礎知識

  5. たけのこの栄養基礎知識

  6. 蓑の語源・由来

  7. 漁夫の利の意味・類語・言い換え

  8. なぞなぞの語源・由来

  9. ハモの意味・別名・類語

  10. カタクチイワシの意味・別名・類語

  1. ツツジの種類

  2. 残り物には福があるの意味・類語・言い換え

  3. 玉露の栄養基礎知識

  4. ハピネスの意味・類語・言い換え

  5. フィクションの語源・由来

  6. 昆布の栄養基礎知識

  7. 「やきとり」と「焼き鳥」の違い

  8. トパーズの語源・由来

  9. 図に乗るの意味・類語・言い換え

  10. ブルマーの語源・由来

人気記事

  1. 「辞任」「辞職」「退任」「退職」の違い

  2. 脂ギッシュの語源・由来

  3. 寝耳に水の語源・由来

  4. 「警視庁」と「警察庁」の違い

  5. 鳴り物入りの語源・由来

  6. 奢る(奢り)の語源・由来

  7. カンツォーネの語源・由来

TOP