「ハンチング帽」「キャスケット」「ベレー帽」の違い

ハンチング帽は、英語で「hunting cap」。
猟銃などで用いたことから付いた名で、日本語では「鳥打ち帽(鳥打ち帽子)」と呼ばれる。
短い前びさし(つば)が付いており、クラウン(頭頂部)は平たく前傾に覆いかぶさった形状をしている。

キャスケットは、ハンチング帽の一種。
ハンチングとキャスケットの違いに明確な定義はないが、ハンチングはクラウンが平らになっているのに対し、キャスケットはクラウンが2~8枚接ぎ(はぎ)で作られており、丸くボリュームがあるものを指すことが多い。

ベレー帽は丸く平たい形状で、つばや縁のない帽子である。
軍隊などで使われるミリタリーベレー(アーミーベレー)は斜めに被り、どちらか一方を立て、一方を下げることが多い。
その際、ハンチングのような形状になるが、垂れ下がった部分はつばではないため、ハンチングのつばのように硬くはない。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. さくらんぼの意味・別名・類語

  2. ディスるの意味・類語・言い換え

  3. カレンダーの意味・別名・類語

  4. ホタルイカの語源・由来

  5. 食事の意味・類語・言い換え

  6. なぜ雪は白いのか

  7. 牡蠣の語源・由来

  8. クーデターの意味・類語・言い換え

  9. おみおつけの意味・類語・言い換え

  10. 「雲」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. 川崎市の意味・シンボル

  2. 卵黄の栄養基礎知識

  3. 普段の語源・由来

  4. インフルエンサーの語源・由来

  5. 寅(寅年)の語源・由来

  6. 暮らしの意味・類語・言い換え

  7. 贔屓の意味・類語・言い換え

  8. 上越市の語源・由来

  9. 高峰の意味・類語・言い換え

  10. 発達の意味

人気記事

  1. 「王将」と「玉将」の違い

  2. しぐれの語源・由来

  3. 玉露の栄養基礎知識

  4. カンカン帽の語源・由来

  5. 百姓の語源・由来

  6. 蝋梅の語源・由来

  7. ちびの語源・由来

TOP