「タイツ」と「ストッキング」の違い

タイツとストッキングの違いというと、繊維の太さの単位「デニール」がよく挙げられるが、デニールでタイツとストッキングを区別することはできない。

タイツは、肌をぴったりとフィットするよう作られた衣服で、主に腰からつま先まで包むものをいう。
バレエや演劇などの舞台衣装として作られたものが、スポーツ用、防寒用として広まった。

ストッキングは、丈の長い靴下のことで、特に、薄手でナイロン製の婦人用靴下をいう。
ストッキングには、ハイソックス丈のショートストッキングや、太ももまでのガーターストッキングやノンガーターストッキング、腰まであるパンティストッキングなどあるが、単に「ストッキング」といった場合は、パンティストッキングを指す。
このパンティストッキングが、タイツと区別しにくいものとなっている。

タイツとストッキング(パンティストッキング)が、繊維の太さの単位「デニール」によって区別されるようになったのは、タイツは厚手で、ストッキングは薄手だからである。
しかし、30デニール未満をストッキング、30デニール以上をタイツとするメーカーもあれば、20デニール未満をストッキング、20デニール以上をタイツとするメーカーもある。
弾性ストッキング(着圧ストッキング)には、140デニールや280デニールといったものもあり、デニールでストッキングとタイツは区別できない。
また、日本国外では、厚手をタイツ、薄手をストッキングといった区別もされていない。

つまり、タイツとストッキングの違いとしてハッキリいえることは、衣服なのか靴下なのかという違いだけなのである。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 素封家の語源・由来

  2. ケヤキの語源・由来

  3. 訪ねるの意味・類語・言い換え

  4. 億劫の語源・由来

  5. 驕りの意味・類語・言い換え

  6. 「つくね」と「つみれ」の違い

  7. ドーナツの語源・由来

  8. 朴念仁の語源・由来

  9. 丁寧の語源・由来

  10. 人間万事塞翁が馬の意味・類語・言い換え

  1. 柳の種類

  2. 瓜二つの語源・由来

  3. シラントロの意味・別名・類語

  4. 偽の語源・由来

  5. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  6. トレーナーの意味

  7. 鳥居の語源・由来

  8. ブリの意味・別名・類語

  9. 自分の意味・類語・言い換え

  10. 一粒万倍の語源・由来

人気記事

  1. 「関東」「関東地方」「首都圏」「東京圏」の違い

  2. 目くじらを立てるの語源・由来

  3. 黒蜜の栄養基礎知識

  4. たんすの語源・由来

  5. 正面を切るの語源・由来

  6. 藤岡市の語源・由来

  7. ちびの語源・由来

TOP