思うと想うの違い・使い分け


「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。
「思う」と「想う」の漢字の成り立ちを見ても、このような違い・使い分けがわかる。

「思」の「田」の部分は幼児の脳の形を表したもので、「心」は心臓の形。
つまり、頭で考えたり、心で感じることを表すのが「思う」。

一方の「想」は、木を対象として見ることを表す「相」に「心」。
つまり、頭で考えるのではなく、心でその姿を見るのが「想う」で、対象をイメージしている分、「思う」よりも感情を込めた表現になる。

同じ「相手をおもう」という言葉でも、「相手を思う」では普通の表現になるが、「相手を想う」と書いた場合は、相手の姿や性格などを具体的にイメージしていることになるため、より感情を強く表すことができる。
「おもいで」の場合も、「思い出」は普通の表現だが、「想い出」は当時の情景を心に描いているような印象を与える。

基本的には「思う」を用い、感情を込めた表現には「想う」を用いるが、「思う」と「想う」以外にも、「おもう」には「念う」「懐う」「憶う」「惟う」がある。

念うは、その「おもい」が揺るぎないものであることを強調する場合。
懐うは、しみじみと「おもう」ことを表す場合。
憶うは、忘れないでいる、おもい出すことを表す場合。
惟うは、「惟うに」といったかたちで、「考えてみるに」「思いめぐらしてみるに」の意味で用いる。

今見られている記事 ランダム
  1. プードルの語源・由来

  2. 智頭町の語源・由来

  3. 太鼓持ちの語源・由来

  4. もしもしの語源・由来

  5. 縄張りの語源・由来

  6. ジンジャーエールの語源・由来

  7. 石に灸の語源・由来

  8. シンセサイザーの語源・由来

  9. ラーメンの種類

  10. 身も蓋もないの語源・由来

  1. 成り上がりの意味・類語・言い換え

  2. 超ド級の意味・類語・言い換え

  3. 頭髪の意味・類語・言い換え

  4. フクロウの語源・由来

  5. 黄金週間の意味・別名・類語

  6. コーヒーの栄養基礎知識

  7. サービスの語源・由来

  8. 月の語源・由来

  9. あげまんの意味・類語・言い換え

  10. たたらを踏むの語源・由来

人気記事

  1. 震度とマグニチュードの違い

  2. 降水量と降雨量の違い

  3. 通夜と葬儀と告別式の違い

  4. 復讐と報復と仕返しの違い・使い分け

  5. なでるとさするとこするの違い・使い分け

  6. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

  7. コスプレと仮装と変装と扮装の違い

TOP