思うと想うの違い・使い分け


「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。
「思う」と「想う」の漢字の成り立ちを見ても、このような違い・使い分けがわかる。

「思」の「田」の部分は幼児の脳の形を表したもので、「心」は心臓の形。
つまり、頭で考えたり、心で感じることを表すのが「思う」。

一方の「想」は、木を対象として見ることを表す「相」に「心」。
つまり、頭で考えるのではなく、心でその姿を見るのが「想う」で、対象をイメージしている分、「思う」よりも感情を込めた表現になる。

同じ「相手をおもう」という言葉でも、「相手を思う」では普通の表現になるが、「相手を想う」と書いた場合は、相手の姿や性格などを具体的にイメージしていることになるため、より感情を強く表すことができる。
「おもいで」の場合も、「思い出」は普通の表現だが、「想い出」は当時の情景を心に描いているような印象を与える。

基本的には「思う」を用い、感情を込めた表現には「想う」を用いるが、「思う」と「想う」以外にも、「おもう」には「念う」「懐う」「憶う」「惟う」がある。

念うは、その「おもい」が揺るぎないものであることを強調する場合。
懐うは、しみじみと「おもう」ことを表す場合。
憶うは、忘れないでいる、おもい出すことを表す場合。
惟うは、「惟うに」といったかたちで、「考えてみるに」「思いめぐらしてみるに」の意味で用いる。


今見られている記事 ランダム
  1. 秘密と内緒と内密の違い・使い分け

  2. あどけないの意味・類語・言い換え

  3. 寓の意味・類語・言い換え

  4. 価格の意味・類語・言い換え

  5. 四苦八苦の語源・由来

  6. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  7. 皐月の意味・類語・言い換え

  8. イノセンスの意味・類語・言い換え

  9. ねぶたとねぷたの違い

  10. 眉の意味

  1. 0(ゼロ)は奇数か偶数か

  2. 青田買いと青田刈りの違い

  3. 問題と課題の違い

  4. エブリバディの意味・類語・言い換え

  5. でたらめの語源・由来

  6. デジタルの語源・由来

  7. 勿怪の幸いの語源・由来

  8. 驚くの語源・由来

  9. 転活の意味・類語・言い換え

  10. 賀寿の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 重症と重傷の違い・使い分け

  2. 筆者と著者と作者の違い・使い分け

  3. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  4. 船と舟の違い

  5. 投資と投機の違い・使い分け

  6. 預金と貯金と貯蓄の違い

  7. かいわれ大根と大根の違い

TOP