発見と発明の違い


発見は、今まで世の中に知られていなかったものを見つけ出すこと。
発明は、今まで世の中になかったものを新たに作り出したり、考え出したりすることである。

特許法では、発見者ではなく、発明者に特許を受ける権利があり、発明の定義は「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」としている。

自然科学や数学の法則は、それまで知られていなかっただけで、自然界には元々存在していたものなので「発見」になる。
発明は、新たに発見された理論や、既に知られている事実を元に工夫したり、改善することで作り出されるものということである。

現代では意味が異なる「発見」と「発明」だが、明治初期までは「発見」という言葉が一般化しておらず、「発見」と「発明」は同義語として用いられていた。
福沢諭吉の『世界国尽』では、「コロンブスがアメリカ大陸を発見する以前」の意味で「古論武子が亜米利加を発明せし以前」と書かれている。

今見られている記事 ランダム
  1. 頑丈の語源・由来

  2. ライラックの語源・由来

  3. おざなりの語源・由来

  4. 悲しいの語源・由来

  5. 派手の語源・由来

  6. 扁桃腺の種類

  7. 二枚目の語源・由来

  8. インチキの語源・由来

  9. 海藻と海草の違い

  10. ライチの栄養基礎知識

  1. 森と杜の違い・使い分け

  2. 後釜の語源・由来

  3. 雹(ひょう)と霰(あられ)の違い

  4. 苅田町の意味・シンボル

  5. えぐいの語源・由来

  6. 油を絞るの語源・由来

  7. 午(午年)の語源・由来

  8. 群馬県の語源・由来

  9. 堪能の意味・類語・言い換え

  10. かしこの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 働きアリの中に必ず働かないアリがいる理由

  2. 「納豆に生卵は食べ合わせが悪い」は大袈裟!

  3. 行政書士と司法書士の違い

  4. 違うと異なるの違い・使い分け

  5. カフェと喫茶店の違い・使い分け

  6. シミとそばかすの違い

  7. うるう年とうるう秒の違い

TOP