「生かす」と「活かす」の違い

「いかす」の漢字には、「生かす」と「活かす」がある。
生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表す際に用いる。
活かすは、活用する、有効に使うなど、能力や特性に関することを表す際に用い、履歴書などで「経験をいかす」という場合は「活かす」と書く。

ただし、常用漢字に「活かす」がないため、公用文では「生かす」や、かな書きで「いかす」と書く。
もしくは、「活用する」といった言葉に置き換えられる。
公用文でなければ、「生かす」と「活かす」の漢字を使い分けた方が意味は伝わりやすくなるため、能力や特性に関することには「活かす」を使ったほうがよい。

「活かす(活用)」の意味でも、「生かす」と表記することは間違いにならないが、生命を保たせる意味で「活かす」は使用しないため、どちらが正しいか迷った際には「生かす」と表記するとよい。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 爽やかの意味・類語・言い換え

  2. 鳳暦の意味・類語・言い換え

  3. パグの語源・由来

  4. 「うなじ」「襟足」「首筋」の違い

  5. 踊り場の語源・由来

  6. お造りの語源・由来

  7. 阿南市の意味・シンボル

  8. 茨城県の市町村名一覧

  9. 猫車の意味・別名・類語

  10. しらばくれる(しらばっくれる)の語源・由来

  1. スペアリブの語源・由来

  2. 尻馬に乗るの意味・類語・言い換え

  3. 垢抜けの語源・由来

  4. 手の語源・由来

  5. 五右衛門風呂の語源・由来

  6. 得体の語源・由来

  7. 台所の語源・由来

  8. 何卒の意味・類語・言い換え

  9. ベーコンの語源・由来

  10. トリュフの語源・由来

人気記事

  1. 慌てふためくの語源・由来

  2. 「シミュレーション」と「シュミレーション」の違い

  3. 餅の語源・由来

  4. バラの語源・由来

  5. 大葉の語源・由来

  6. 和三盆の栄養基礎知識

  7. 茨城県の語源・由来

TOP