亭主の好きな赤烏帽子の意味・類語・言い換え

亭主の好きな赤烏帽子の読み・別表記

ていしゅのすきなあかえぼし

亭主の好きな赤烏帽子の意味

主人が好きなものなら、たとえそれが風変わりなものであっても、家族は調子を合わせて従わねばならないというたとえ。

故事ことわざ辞典「亭主の好きな赤烏帽子」の類義語

旦那の好きな赤烏帽子/亭主の好きな赤鰯/亭主が好きなら薦でも被れ

出典:亭主の好きな赤烏帽子 – 故事ことわざ辞典

TOP