要の語源・由来

かなめの漢字「要」は当て字で、元々は、扇の末端にある骨を留めるための金具を指した。
この金具は、カニの目のようであるところから、「かにのめ」と呼ばれ、「かのめ」「かなめ」と変化した。
「かにのめ(かのめ)」が「かなめ」に変化したのは、金具なので「金目」という意味解釈が加わったと考えられる。
かなめ(金具)が無いと扇がバラバラになるため、かなめは「物事をまとめる中心」「要点」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 杞憂の意味・類語・言い換え

  2. カタカナの語源・由来

  3. ケチの意味・類語・言い換え

  4. 懇親会の意味・類語・言い換え

  5. ピーマンの語源・由来

  6. いちじくの語源・由来

  7. ハットトリックの意味・類語・関連語

  8. 桑名市の語源・由来

  9. セカンドバッグの語源・由来

  10. ディスるの意味・類語・言い換え

  1. 自身の意味・類語・言い換え

  2. コサージュの語源・由来

  3. ドンファンの意味・類語・言い換え

  4. 富山県の市町村名一覧

  5. 「セロハンテープ」と「セロテープ」の違い

  6. 魚の目の意味

  7. 3月の意味・異名・類語

  8. カリフラワーの語源・由来

  9. 車海老の意味・別名・類語

  10. 奢るの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. スペアリブの語源・由来

  2. オールスパイスの語源・由来

  3. てんてこまいの語源・由来

  4. やばいの語源・由来

  5. ヤマナラシの語源・由来

  6. トトカルチョの語源・由来

  7. ジンギスカンの語源・由来

TOP