要の語源・由来

かなめの漢字「要」は当て字で、元々は、扇の末端にある骨を留めるための金具を指した。
この金具は、カニの目のようであるところから、「かにのめ」と呼ばれ、「かのめ」「かなめ」と変化した。
「かにのめ(かのめ)」が「かなめ」に変化したのは、金具なので「金目」という意味解釈が加わったと考えられる。
かなめ(金具)が無いと扇がバラバラになるため、かなめは「物事をまとめる中心」「要点」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 大童の意味・類語・言い換え

  2. 張本人の語源・由来

  3. マッコウクジラの意味・別名・類語

  4. 飴の語源・由来

  5. アルマジロの語源・由来

  6. 最初はグーの意味・類語・言い換え

  7. 模造紙の語源・由来

  8. キンポウゲの語源・由来

  9. 芝海老の語源・由来

  10. 「森」と「杜」の違い

  1. ぞんざいの語源・由来

  2. はんこを押すの意味・類語・言い換え

  3. 金字塔の意味・類語・言い換え

  4. 豚の種類・品種

  5. 十八番の意味・類語・言い換え

  6. イノセンスの意味・類語・言い換え

  7. 妾の語源・由来

  8. 「肉」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 俺の意味・類語・言い換え

  10. タヌキの語源・由来

人気記事

  1. 猫の語源・由来

  2. ネコヤナギの語源・由来

  3. 図に乗るの語源・由来

  4. 十二指腸の語源・由来

  5. 「時期」「時季」「時機」の違い

  6. がんもどきの栄養基礎知識

  7. 間髪を容れずの語源・由来

TOP