独り相撲の類語・言い換え

独り相撲の読み・別表記

ひとりずもう/一人相撲

独り相撲の意味

相手がいない、もしくは全く問題にされていないのに、一人で夢中になって取り組むこと。また、何も得られないことに必死で取り組むこと。

語源由来辞典「独り相撲」の類語・言い換え

空回り/から騒ぎ/独りよがり/独善/気負い過ぎ/無意味な騒ぎ/虚しい努力/無益な苦労/無駄な努力/賽の河原/吹影鏤塵/鏤塵吹影/不毛/独楽の舞い倒れ/犬の尾を食うて回る/徒労/無駄骨折り/無駄骨/骨折り損の草臥れ儲け/骨折り損/盲の垣覗き/非細工の小刀減らし

出典:語源由来辞典

TOP