ヒイラギの意味・別名・類語

ヒイラギの読み・別表記

ひいらぎ/柊/疼木

ヒイラギの意味

モクセイ科の常緑小高木。葉は卵形で厚くて硬く、縁先にはトゲ状になった鋭鋸歯がある。節分には鰯の頭をつけて戸口にさすと悪鬼を追い払うという。《季 冬》

ヒイラギの別名・類語

ひらぎ/鬼の目突き

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 顔役の語源・由来

  2. 手をこまねくの語源・由来

  3. 兎馬の意味・別名・類語

  4. クズの語源・由来

  5. 「標高」と「海抜」の違い

  6. 神奈川県の語源・由来

  7. ロバの語源・由来

  8. ちゃらんぽらんの意味・類語・言い換え

  9. つつがない(つつがなく)の語源・由来

  10. 堂々巡りの意味・類語・言い換え

  1. 「ミュール」「サンダル」「パンプス」の違い

  2. 駄々をこねるの語源・由来

  3. コサージュの語源・由来

  4. 鳥取県の語源・由来

  5. カレンダーの意味・別名・類語

  6. 「カタログ」「パンフレット」「リーフレット」の違い

  7. 轟くの語源・由来

  8. 山彦の意味・類語・言い換え

  9. 向こう脛の語源・由来

  10. 新潟県の意味・シンボル

人気記事

  1. 梨の語源・由来

  2. ガチョウの語源・由来

  3. 赤ワインの栄養基礎知識

  4. 左遷の語源・由来

  5. 一石二鳥の語源・由来

  6. 川越市の語源・由来

  7. 神輿の語源・由来

TOP