シャクナゲの意味・別名・類語

シャクナゲの読み・別表記

しゃくなげ/石楠花/石南花

シャクナゲの意味

ツツジ科の常緑低木の総称。深山に自生する。葉は大形の長楕円形で光沢がある。春、淡紅色の花をつける。園芸品種が多く、野性の変種も数多い。《季 春》

シャクナゲの別名・類語

ロードデンドロン/さくなんざ/石南草/扉の木/卯月花/しまき/トベラ

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. オウレンの語源・由来

  2. 噂の意味・類語・言い換え

  3. 除夜の鐘の意味・類語・言い換え

  4. 植え髪の意味・類語・言い換え

  5. あまんじゃくの意味・類語・言い換え

  6. メープルシロップの栄養基礎知識

  7. 唐辛子の栄養基礎知識

  8. 「ZERO(ゼロ)」と「零(れい)」の違い

  9. つくば市の語源・由来

  10. 料理の語源・由来

  1. ぼたもちの語源・由来

  2. 極楽の語源・由来

  3. 滋賀県の語源・由来

  4. 草分けの語源・由来

  5. 志摩市の意味・シンボル

  6. 「馬鹿」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 流行るの語源・由来

  8. 高知県の語源・由来

  9. 草の語源・由来

  10. ロブスターの意味・別名・類語

人気記事

  1. バジルの語源・由来

  2. 肌の語源・由来

  3. 辛抱の語源・由来

  4. ザリガニの語源・由来

  5. 岐阜市の語源・由来

  6. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」の違い

  7. 梨の語源・由来

TOP