李下に冠を正さず(りかにかんむりをたださず)の意味・類語…

李下に冠を正さずのイメージ画像

【李下に冠を正さずの意味】
他人から疑いをかけられるような行為は避けるべきであるというたとえ。

【李下に冠を正さずの類語】
李下の冠/瓜田李下/瓜田に履を納れず/瓜田の履/君子危うきに近寄らず/君子危うきにのぞまず/危ない事は怪我のうち/臭しと知りて嗅ぐは馬鹿者/賢人は危きを見ず/聖人は危きに寄らず/命を知る者は巌牆の下に立たず/慎む/控える/差し控える/注意する/用心する/警戒する

【李下に冠を正さずの同音異義語】

【李下に冠を正さずをさらに詳しく】
「李下に冠を正さず」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

スポンサーリンク

意味・類語ランキング

ページ上部へ戻る