空と宇宙の境界はどこか

空と宇宙の境界線の定義

地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが宇宙という境目となるものはなく、世界共通の明確な定義もありませんが、高度100kmから先を宇宙と呼ぶことが多いです。

高度100kmを空と宇宙の境界にする理由

高度100kmを超えると、ほとんど空気がなくなり、完全ではありませんが真空状態になるため、地球から100km上空を宇宙とすることが多いです。
国際航空連盟(FAI)では、高度100kmを「カーマン・ライン」と呼び、このラインを超えた先を宇宙と定義しています。
民間宇宙旅行でも、高度100kmを宇宙としています。

高度80kmが空と宇宙の境界線

多くの場合は、高度100kmから先を宇宙空間としていますが、アメリカ空軍では高度80kmから先を宇宙空間としています。

高度10,000kmより先を宇宙空間とする場合

地球の大気圏は、対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に分けられますが、熱圏より上の外気圏(高度は800~10,000km)にも地球の大気は存在します。
外気圏より先の高度10,000km以上になると、地球の大気はほぼなくなります。
地球の大気がなくなるところから先を宇宙空間と考えた場合、高度10,000km以上が宇宙空間となります。
しかし、この定義は大気を中心に考えた時の定義で、空と宇宙の境界に使われることはまずありません。
ちなみに、国際宇宙ステーションは、約400km上空の熱圏を飛んでいます。

今見られている記事 ランダム
  1. ゴミの意味・類語・言い換え

  2. 「打つ」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 布の語源・由来

  4. 「方言」と「訛り」の違い

  5. 浅ましいの語源・由来

  6. コマドリの語源・由来

  7. 神経の語源・由来

  8. 顛末の語源・由来

  9. 大器晩成の語源・由来

  10. ステテコの語源・由来

  1. としよりの日の意味・類語・言い換え

  2. 成り上がりの意味・類語・言い換え

  3. キャンセルの語源・由来

  4. けりをつけるの語源・由来

  5. 邪魔の語源・由来

  6. カモシカの意味・別名・類語

  7. 包丁の語源・由来

  8. 干支の語源・由来

  9. 「目的」と「目標」の違い

  10. パンジーの語源・由来

人気記事

  1. 「最近」「近頃」「この頃」「昨今」の違い

  2. ジュニパーの語源・由来

  3. 「効果」と「効能」の違い

  4. 格好の語源・由来

  5. きりたんぽの語源・由来

  6. 蛇足の語源・由来

  7. 四股の語源・由来

TOP