空と宇宙の境界はどこか

空と宇宙の境界線の定義

地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが宇宙という境目となるものはなく、世界共通の明確な定義もありませんが、高度100kmから先を宇宙と呼ぶことが多いです。

高度100kmを空と宇宙の境界にする理由

高度100kmを超えると、ほとんど空気がなくなり、完全ではありませんが真空状態になるため、地球から100km上空を宇宙とすることが多いです。
国際航空連盟(FAI)では、高度100kmを「カーマン・ライン」と呼び、このラインを超えた先を宇宙と定義しています。
民間宇宙旅行でも、高度100kmを宇宙としています。

高度80kmが空と宇宙の境界線

多くの場合は、高度100kmから先を宇宙空間としていますが、アメリカ空軍では高度80kmから先を宇宙空間としています。

高度10,000kmより先を宇宙空間とする場合

地球の大気圏は、対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に分けられますが、熱圏より上の外気圏(高度は800~10,000km)にも地球の大気は存在します。
外気圏より先の高度10,000km以上になると、地球の大気はほぼなくなります。
地球の大気がなくなるところから先を宇宙空間と考えた場合、高度10,000km以上が宇宙空間となります。
しかし、この定義は大気を中心に考えた時の定義で、空と宇宙の境界に使われることはまずありません。
ちなみに、国際宇宙ステーションは、約400km上空の熱圏を飛んでいます。

今見られている記事 ランダム
  1. ワッフルの語源・由来

  2. 福島県の市町村名一覧

  3. 舞茸の語源・由来

  4. 油の語源・由来

  5. 仏頂面の語源・由来

  6. ひげの語源・由来

  7. 陽炎の語源・由来

  8. 水無月(和菓子)の語源・由来

  9. 海賊版(海賊盤)の語源・由来

  10. つまらないの語源・由来

  1. 他力本願の意味・類語・言い換え

  2. 漫才の語源・由来

  3. レタスの栄養基礎知識

  4. りんごの語源・由来

  5. ずんぐりむっくりの語源・由来

  6. とことんの語源・由来

  7. 尻馬に乗るの語源・由来

  8. しおりの語源・由来

  9. ブタクサの意味・別名・類語

  10. てんてこまいの語源・由来

人気記事

  1. 髭と鬚と髯の違い

  2. 分かれると別れるの違い・使い分け

  3. チャンジャとは?じつは貝ではない!

  4. カカオとココアの違い

  5. 投資と投機の違い・使い分け

  6. 児童と生徒と学生の違い

  7. 鏡開きと鏡割りと鏡抜きの違い

TOP