空と宇宙の境界はどこか

空と宇宙の境界線の定義

地表から宇宙空間までは無段階で繋がっているので、どこまでが空で、どこからが宇宙という境目となるものはなく、世界共通の明確な定義もありませんが、高度100kmから先を宇宙と呼ぶことが多いです。

高度100kmを空と宇宙の境界にする理由

高度100kmを超えると、ほとんど空気がなくなり、完全ではありませんが真空状態になるため、地球から100km上空を宇宙とすることが多いです。
国際航空連盟(FAI)では、高度100kmを「カーマン・ライン」と呼び、このラインを超えた先を宇宙と定義しています。
民間宇宙旅行でも、高度100kmを宇宙としています。

高度80kmが空と宇宙の境界線

多くの場合は、高度100kmから先を宇宙空間としていますが、アメリカ空軍では高度80kmから先を宇宙空間としています。

高度10,000kmより先を宇宙空間とする場合

地球の大気圏は、対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に分けられますが、熱圏より上の外気圏(高度は800~10,000km)にも地球の大気は存在します。
外気圏より先の高度10,000km以上になると、地球の大気はほぼなくなります。
地球の大気がなくなるところから先を宇宙空間と考えた場合、高度10,000km以上が宇宙空間となります。
しかし、この定義は大気を中心に考えた時の定義で、空と宇宙の境界に使われることはまずありません。
ちなみに、国際宇宙ステーションは、約400km上空の熱圏を飛んでいます。


今見られている記事 ランダム
  1. お菜の意味・類語・言い換え

  2. 温泉と鉱泉の違い

  3. 10月の意味・類語・言い換え

  4. 雑煮の意味・別名・類語

  5. 「臭い」という漢字の由来

  6. 無邪気の意味・類語・言い換え

  7. オードパルファムの意味・類語・言い換え

  8. 臥薪嘗胆の語源・由来

  9. 作ると造ると創るの違い・使い分け

  10. 押印の意味・類語・言い換え

  1. 人生の意味・類語・言い換え

  2. コンプラの意味・類語・言い換え

  3. ピンポンの語源・由来

  4. 雑煮の語源・由来

  5. ぞんざいの語源・由来

  6. 破魔矢の意味・類語・言い換え

  7. 辛抱の意味・類語・言い換え

  8. 差異の意味・類語・言い換え

  9. ごま豆腐の栄養基礎知識

  10. 日本の語源・由来

人気記事

  1. 離すと放すの違い・使い分け

  2. 歳と才の違い

  3. 海胆と海栗と雲丹の違い

  4. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  5. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  6. 星が瞬く理由と瞬かない星

  7. 香りと薫りと馨りの違い・使い分け

TOP