損して得取れの語源・由来

目先の得を考えるとかえって大きな損をすることがあり、逆に今の損を我慢すれば最終的に大きな得を得ることがある。
目先の損失は度外視して、将来の利益を確保せよということ。
主に、商売のコツとして言われる言葉。

出典:損して得取れ – 故事ことわざ辞典

TOP