その手は桑名の焼き蛤の語源・由来

その手は桑名は、「食わない」と三重県の「桑名」とを掛けた言葉。
焼き蛤は桑名の名物で、殻付きの蛤を枯れた松葉や松笠を燃やしながら焼いたもの。
これらを調子よく続けて言ったのが、「その手は桑名の焼き蛤」である。
江戸時代には、すでに使われていた洒落言葉。
『東海道中膝栗毛』の弥次郎兵衛・喜多八も、桑名で焼き蛤を肴に酒を飲んでいる。

出典:その手は桑名の焼き蛤 – 故事ことわざ辞典

TOP