正鵠を射るの意味・類語・言い換え

正鵠を射るの読み・別表記

せいこくをいる

正鵠を射るの意味

物事の要点を正しくおさえる。正鵠を得る。

正鵠を射るの類語・言い換え

正鵠を得る/正鵠を失わず/寸鉄人を殺す/寸鉄人を刺す/耳に釘/急所を突く/弱点を突く/痛いところを突く/本質を突く/核心を突く/ズバリ言う/図星を突く/図星を指す/ポイントを突く/ツボを突く/的を射る/的確に指摘する/要を得る/本質を捉える/要領を得る/眼識がある/鋭い眼力/犀利/炯眼/慧眼

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「通夜」「葬儀」「告別式」の違い

  2. 穀類(穀物)の栄養基礎知識

  3. 母の日の語源・由来

  4. 菜(さい)の意味・類語・言い換え

  5. 和三盆の栄養基礎知識

  6. 大相撲の意味・類語・言い換え

  7. 大垣市の語源・由来

  8. うんこの意味・類語・言い換え

  9. 人形の語源・由来

  10. カランの語源・由来

  1. 「暗い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 手ぐすねを引くの語源・由来

  3. おもての語源・由来

  4. 埼玉県の語源・由来

  5. すずしろの語源・由来

  6. ピクトグラムの意味・類語・言い換え

  7. ままかりの語源・由来

  8. おろちの意味・類語・言い換え

  9. 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違い

  10. としよりの福祉週間の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 東京都府中市の語源・由来

  2. 行灯の語源・由来

  3. 轟くの語源・由来

  4. パッションフルーツの栄養基礎知識

  5. 畳の語源・由来

  6. 「トリ」と「大トリ」の違い

  7. だんじりの語源・由来

TOP