ニッコウキスゲの語源・由来

ニッコウキスゲは、栃木県の日光に群生地があり、花は黄色を帯び、葉姿がスゲの仲間のカサスゲ(笠菅)に似ることからの名。
ただし、日光の群生が有名なことから付いた名であり、この地方の固有種ではなく、本州中部以北に広く分布する。
江戸時代には「ゼンテイカ(禅庭花)」や「セッテイカ(節庭花)」と呼ばれていたが、1896年に牧野富太郎博士が、前二者とあわせて「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」を和名として発表して以降、「ニッコウキスゲ」の名で呼ばれることの方が多くなった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ピーマンの語源・由来

  2. 山口県の意味・シンボル

  3. 念仏の語源・由来

  4. 里芋の意味・別名・類語

  5. ウスターソースの意味・別名・類語

  6. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  7. ワクワクの意味・類語・言い換え

  8. 雑煮の意味・別名・類語

  9. 幸せの意味・類語・言い換え

  10. アバンチュールの意味・類語・言い換え

  1. 俄然の意味・類語・言い換え

  2. 「袋/嚢」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  4. シンボルの意味・類語・言い換え

  5. 春一番の意味・類語・言い換え

  6. 三枚目の語源・由来

  7. ヒツジの意味・別名・類語

  8. ニリンソウの意味・別名・類語

  9. 脇役の語源・由来

  10. 落花生の語源・由来

人気記事

  1. ケレン味の語源・由来

  2. 石川県の語源・由来

  3. ワスレナグサの語源・由来

  4. 大葉の語源・由来

  5. 駄々をこねるの語源・由来

  6. 左遷の語源・由来

  7. テッチャンの語源・由来

TOP