商品と製品の違い・使い分け


商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。
製品は、製造された品物の意味で、原料から作られた品物のこと。
簿記会計においても、商品は加工せずに販売するものを指し、製品は加工して販売するものを指す。

自社工場で製造し、販売まで行っているメーカーの場合、同じ品物でも、工場で出来上がった段階は「製品」であるが、市場に販売される段階には「商品」となる。
他社製品を仕入れて販売する場合は、仕入れ先の他社工場にある段階では「他社製品」であるが、仕入れて販売する段階には「自社商品」となる。

また、商品は品物に限らず、「財テク商品」や「保険商品」といったサービスについても用いられる。


今見られている記事 ランダム
  1. 節分の語源・由来

  2. ワイシャツの語源・由来

  3. 屠蘇の意味・類語・言い換え

  4. コンサートとリサイタルの違い・使い分け

  5. 聖夜の意味・類語・言い換え

  6. ツナとシーチキンの違い

  7. ヒツジの語源・由来

  8. 鍋の語源・由来

  9. ルンペンの意味・類語・言い換え

  10. 顧みるの意味・類語・言い換え

  1. おはぎの意味・別名・類語

  2. 真面目の語源・由来

  3. アナウンサーとキャスターとリポーターの違い

  4. 妻の語源・由来

  5. ロブスターの意味・別名・類語

  6. 初秋の意味・類語・言い換え

  7. 資産家の意味・類語・言い換え

  8. すしの語源・由来

  9. 単刀直入の語源・由来

  10. 早いと速いの違い

人気記事

  1. 樽と桶の違い

  2. ゆっくりとのんびりの違い・使い分け

  3. 三毛猫のオスが少ない理由

  4. スキューバダイビングとシュノーケリングとスキンダイビングの違い

  5. たけのこの成長はなぜ早いのか

  6. 海胆と海栗と雲丹の違い

  7. 在宅ワークと内職の違い

TOP