臍を噛むの語源・由来

臍を噛むの「臍(ほぞ)」は「へそ」のこと。
自分で自分のへそを噛もうとしても届かないように、取り返しのつかないことは悔やむことしかできないことから、後悔する意味のたとえとして「臍を噛む」と言うようになった。
『春秋左氏伝』の「郤国を亡ぼす者は、必ず此の人なり。若し早く図らずんば後に君臍を噬まん」に由来する言葉である。

「ほぞを噛む」と言うことが多いため、「へそを噛む」は誤りとされるが、古い文献には「へそを噛む」といった例も見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 普請の意味・類語・言い換え

  2. 光市の語源・由来

  3. 酒の意味・別名・類語

  4. ローズマリーの語源・由来

  5. ディルの意味・別名・類語

  6. 潮吹きの語源・由来

  7. 「池」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 「泥」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 熊本県の市区町村名一覧

  10. ちまきの語源・由来

  1. 道具の語源・由来

  2. 鼻持ちならないの語源・由来

  3. 時化の意味・類語・言い換え

  4. れんこんの栄養基礎知識

  5. 手の語源・由来

  6. 香川県の語源・由来

  7. 相撲の意味・類語・言い換え

  8. 不可逆の意味・類語・言い換え

  9. 手当ての語源・由来

  10. 茅野市の意味・シンボル

人気記事

  1. でたらめの語源・由来

  2. 軍鶏の語源・由来

  3. 酸っぱいの語源・由来

  4. 経済の語源・由来

  5. ハチノスの語源・由来

  6. 棒に振るの語源・由来

  7. けちをつけるの語源・由来

TOP