先祖と祖先の違い


先祖は、家系の初代のこと。
また、初代以後、その家系に属した現存者以前の代々の人々のことをいう。
「先祖代々の墓」というように、主に後者の意味で使われる。

祖先も同じ意味で使われるが、「人類の祖先は猿」というように、進化する前のもの、系統の元となるものの意味でも使われる。
そのため、家系の代々の人々を表す場合も、先祖は数世代前までの新しい系統をいい、祖先は何世代も前の古い系統を指していうことが多い。

また、先祖は新しい系統を指しやすいことから、直系についていうことが多く、個人的で日常語的に使われる。
それに対し、祖先は古い系統を指しやすいことから、直系とは限らない血縁者を含めていうことが多く、客観的で文章語的に使われる。


今見られている記事 ランダム
  1. ナスの意味・別名・類語

  2. 配布と配付の違い・使い分け

  3. コンクリートの意味・類語・言い換え

  4. 頭と顔の境目はどこか

  5. さしあたりの意味・類語・言い換え

  6. カフェラテの語源・由来

  7. 節分の語源・由来

  8. 金字塔の語源・由来

  9. へなちょこの語源・由来

  10. 成り上がりの意味・類語・言い換え

  1. 梅雨の語源・由来

  2. 言葉の語源・由来

  3. 面倒の語源・由来

  4. 尊いの語源・由来

  5. バレンシアオレンジとネーブルオレンジの違い

  6. 領海と接続水域と排他的経済水域の違い

  7. 精算と清算の違い・使い分け

  8. 意図的と恣意的の違い

  9. 整えると調えるの違い

  10. 予言と預言の違い

人気記事

  1. 煎茶と玉露と抹茶と番茶とほうじ茶と玄米茶の違い

  2. ベテランとエキスパートとスペシャリストの違い

  3. 傘と笠の違い・使い分け

  4. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

  5. 働きアリの中に必ず働かないアリがいる理由

  6. 体幹とインナーマッスルの違い

  7. 基準と規準の違い・使い分け

TOP