揖斐川町の語源・由来

揖斐川町は、1955年(昭和30)、 揖斐郡の揖斐町・北方村・大和村・清水村・小島村が合併した際の新命名。
奈良時代に「伊備郷」で見え、ここから地名の「揖斐」や河川名の「揖斐川」が生まれ、河川名から「揖斐川町」の名が付けられた。
「揖斐(伊備)」の由来には、田水を引く設備の「井樋(ヰヒ)」に由来する説があるが、「イ」と「ヰ」で音が異なる。
意味としては「井樋」と似るが、池や用水の堤などから水を引く所に設ける水門の「楲(イヒ)」に由来すると考えられる。

出典:語源由来辞典

TOP