麻の語源・由来

麻は遠い古代に渡来した植物のため多くの語源説があるが、「アヲソ(青麻)」の約転とする説が有力である。
草木の皮や筋から繊維をとり、糸のようにしたものを「ソ(麻)」や「オ(緒)」といい、この植物自体も「ソ(麻)」や「オ・ヲ(麻・苧)」という。
生活必需品として栽培される「ソ(麻)」は、青さが特に印象強いことから、「青」を冠して「アヲソ(青麻)」となり、「アソ」「アサ」へと変化したと考えられる。

出典:語源由来辞典

TOP