クーデターの語源・由来

クーデターは、フランス語「coup d’État」からの外来語。
「coup」は「打撃」、「d’(de)」は「〜の」、「État」は「国家」を意味し、クーデターは「国家に対する打撃」を意味する。
歴史上有名なクーデターは、フランスのナポレオン一世、ナポレオン三世、イタリアのムッソリーニによるもの。
日本では、五・一五事件、二・二六事件などが有名である。

出典:語源由来辞典

TOP