天衣無縫の語源・由来

天衣無縫は、天女の衣服(天衣)には縫い目がない(無縫)という意味。
そこから、詩や文章などでわざとらしい技巧がなく、自然でありながら完璧なことや、天真爛漫なことを「天衣無縫」というようになった。

出典は中国の『霊怪録』で、次の話に基づく。
郭翰とい青年が、夏の夜、庭で寝ていると、空から天女が降りてきた。
天女が着ている衣には縫い目がないので、不思議に思って尋ねると、天女は「天人の衣服は針や糸で縫ったものではありません」と答えたという。

出典:天衣無縫 – 語源由来辞典

「天衣」は、天女の衣服のこと。
「無縫」は、縫い目がないこと。
天女の衣服には、縫い目など技巧を加えた跡がないという、次の伝説に由来する。
郭翰という青年が夏の夜に庭で寝ていると、空から天女がおりてきた。
その天女が着ている衣に縫い目がないことを不思議に思い、尋ねたところ、天女は「天人の着物には針や糸を使わない」と言ったという。

出典:天衣無縫 – 故事ことわざ辞典

TOP