Vサインの語源・由来

Vサインの「V」は、勝利を意味する「victory」の頭文字。
サインは、合図やしるしを意味する「sign」。
第二次世界大戦の中、当時のイギリスの首相ウィンストン・チャーチルが、演説の際に手で作るVサインを積極的に使用したことが、歴史上有名である。
現在は、物事が成功したしるしとして、Vサインを使うことが多い。

出典:語源由来辞典

TOP